秘書仲間のはなし


by dfgxkgi4mw
 福島県内では1日未明、80センチの津波が確認された相馬市の北隣の新地町で、釣師浜漁港に停泊中の小型漁船が、船首から前半分が水没した状態で見つかった。

 町総務課などによると、船は相馬双葉漁協新地支部所属の刺し網漁船で、2月28日午後6時ごろから漁港に停泊していた。町は津波による潮位の変化によって、船体の後部が岸壁に引っ掛かり、船首部分が水没したと推測している。

 このほか、同県内では浪江町の請戸港付近の道路などが冠水したが、被害はなかった。


【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(上)お父さんだけ違う姓(産経新聞)
10日に政治姿勢で集中審議=参院予算委(時事通信)
津波避難指示、むつ市が851世帯に出し忘れ(読売新聞)
出頭の男、7年前の放火供述=3人死傷、裏付け捜査−大阪府警(時事通信)
普天間は国連軍指定基地 初耳だった首相ら(産経新聞)
[PR]
# by dfgxkgi4mw | 2010-03-09 12:53
 神奈川県警中原署は4日、千葉県習志野市藤崎、無職山田勉容疑者(42)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。

 発表によると、山田容疑者は2月8日正午頃、別の男と共謀し、川崎市中原区の70歳代の無職女性の自宅に、女性の次男を装って「会社で金が必要になった。明日返すから貸してほしい」と電話をかけ、女性宅で500万円をだまし取った疑い。女性が同日夕、次男に確認の電話をしたところ、ウソと判明し110番した。

 山田容疑者は次男の友人を装って女性宅を訪問。女性はその際、借用書として便せんに名前と連絡先のほか、母印を押させていた。その母印から山田容疑者が浮上し、同署が今月2日に全国に指名手配。4日に千葉県警が山田容疑者を逮捕し、中原署に引き渡した。同署でもう一人の男の行方を追っている。

<雑記帳>八光さんらが「落語まつり」の宣伝隊結成 大阪(毎日新聞)
<がんを知るフォーラム>横浜で700人が参加(毎日新聞)
<卒業危機>学校納付金も融資対象に 厚労省(毎日新聞)
「記者クラブはつぶしたほうがいい」 ネット中継討論会もりあがる(J-CASTニュース)
津波 高知も警報解除 気象庁(毎日新聞)
[PR]
# by dfgxkgi4mw | 2010-03-08 04:34
 防衛省の長島昭久政務官は1日、都内で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「米国は意外と逃げ足が速い。沖縄の皆さんが(米軍の駐留に)反対し、政府も出ていってほしいということなれば、恐らく簡単に出ていく可能性がある」と語った。

 さらに「沖縄に海兵隊が駐留し続けることが、日本の安全保障の根幹にかかわる」と述べ、県外・国外移設案を牽制(けんせい)した。

【関連記事】
民主新人議員「党内に意見言いにくい雰囲気」
鳩山内閣、トヨタ問題に「まるで他人事」 無策ぶりにア然
普天間移設問題で社民党首に抗議書 東富士演習場の地元関係者ら
普天間問題 米、1500メートル滑走路を要求 シュワブ陸上案難航も
北沢防衛相が平野長官に検討委での検討を急ぐよう要請 普天間飛行場移設問題で
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

子宮頸がんワクチン、公費助成を=女優仁科さんら実行委設立(時事通信)
<中日>球団にネルソン投手釈放の連絡、聴取後厳しい処分も(毎日新聞)
<中3転落重傷>同級生を逮捕 強要容疑で 埼玉・春日部(毎日新聞)
ひき逃げ死亡容疑で会社員逮捕=「燃料ランプに気を取られた」−警視庁(時事通信)
津波警報「もう1ランク設けたい」 中井防災担当相が検討表明(産経新聞)
[PR]
# by dfgxkgi4mw | 2010-03-06 08:53
 2日午後5時40分ごろ、福島県矢吹町小松で「アパートが爆発して燃えている」と、通行人から119番があった。鉄骨2階建ての同建物延べ約250平方メートルを全焼し、1階の焼け跡から男性の遺体が見つかったほか、住民3人が重軽傷を負った。

 県警白河署などによると、無職、小倉哲也さん(27)方が火元と見られ、小倉さんも顔にやけどなどの重傷を負った。通報の5分前にも「ガスくさい」と119番があったという。同署はガス爆発の可能性もあるとみて調べている。

 近くの男性(49)は「地響きのような音がしてガラス戸が壊れ、ふすまが倒れた。驚いて外に出たらアパート全体が火に包まれていた」と話した。【金寿英、蓬田正志】

【関連ニュース】
火災:住宅全焼1人死亡 栃木・真岡
火災:団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス
火災:住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野
自殺か:全焼の乗用車から警視の遺体 奈良
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く

「雨が降っても風が吹いても」 中曽根元首相、新憲法制定に意欲(産経新聞)
中央合同庁舎第7号館西館
昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)
ルー・メローニ
<津波>紀勢線で特急20本運休 瀬戸内海のフェリー欠航も(毎日新聞)
[PR]
# by dfgxkgi4mw | 2010-03-04 17:34
 特別養護老人ホームの建設を巡る汚職事件で、2005年に香川県警から事情聴取された後に行方不明となった元高松市議の男(60)について、高松地検は2件の贈賄罪でそれぞれ起訴を繰り返す異例の手法で公訴時効(3年)の成立を延ばしてきた。しかし、うち1件は27日午前0時に時効が成立。

 被告が逃げ続けているとみている地検は、残る1件の時効まで行方を追う、としている。

 元市議は宮本和人被告。起訴状では02年11月、地元に建設予定の特別養護老人ホームを国の補助金交付施設に選んでもらおうと、当時の市助役に200万円を渡そうとし、03年3月には選んでもらった謝礼に300万円を渡したとされる。

 刑事訴訟法は、起訴によって時効は停止される、と規定。2か月間に起訴状が被告に届かなければ公訴は棄却されるが、それまでは時効適用を止められる。地検は、05年11月に200万円を渡そうとした贈賄罪(申し込み)、06年6月に300万円を渡した贈賄罪でそれぞれ在宅起訴した。

 06年6月の起訴は時効成立まで残り19日。地検は2か月ごとに起訴を繰り返したが、時効の停止期限日から日付が替わって初めて次の起訴手続きがとれることから、1日は時効が停止されず、19回の「再起訴」のたびに時効が迫っていった。

 もう1件は、最初に起訴した日から時効成立までの残り日数が多かったため、まだ時効を迎えていない。

 地検の玉置俊二次席検事は「異例の捜査手法をとったが、見つからず残念。引き続き捜査する」とコメント。甲南大法科大学院の渡辺修教授(刑事訴訟法)は「戦後の混乱期に多発した凶悪事件に対して、よくとられた手法。逃げ得は許さないという検察の執念がうかがえる」と話している。

イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)
東大受験生を応援「合格したら1万円」 本郷商店会(産経新聞)
<元事務員横領容疑>06年度以前の書類不明 毀棄の疑いも(毎日新聞)
川端文科相「外交的配慮が無償化基準ではない」…朝鮮学校除外問題(産経新聞)
さよなら500系…鉄道ファンら雄姿に歓声(読売新聞)
[PR]
# by dfgxkgi4mw | 2010-03-03 08:20