秘書仲間のはなし


by dfgxkgi4mw

カテゴリ:未分類( 66 )

 魚沼コシヒカリの産地、新潟県南魚沼市で12日、完走者は炊きたてのコシヒカリが食べ放題となる「第1回南魚沼グルメマラソン」が開催された。

 南魚沼の自然や魅力をPRしようと、市や青年会議所などの実行委員会が企画。ゴール後に特製の茶わんを渡された参加者は、川魚の塩焼きやアスパラガスの肉巻きなど特産品をおかずに、次々とご飯をお代わり。用意した540キロが、3000人の胃袋に次々と収まった。

 東京都青梅市、会社員、茂木貴紀さん(25)は「走った後のビールもおいしいけど、ご飯も最高」と笑顔。やっぱり新潟は「麦」よりも「米」のようだ。【塚本恒】

昨年の山の事故 死者・行方不明者は過去最多の317人(産経新聞)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)
仙谷官房長官「首相とどなり合いしばしば」(読売新聞)
両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)
<スポーツ基本法案>自公が再度衆院に提出(毎日新聞)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-06-15 11:55
 三宅泰男さん85歳(みやけ・やすお=元川崎重工業副社長)29日、前立腺がんのため死去。葬儀は6月1日正午、千葉市稲毛区稲毛東4の10の7のセレモ稲毛駅ホール。喪主は妻三千代(みちよ)さん。

前原国交相、リコール制度見直しに「消費者委員会に協力したい」(レスポンス)
参院選「かなり負ける可能性」=鳩山首相の続投訴え―外相(時事通信)
郵政法案きょう衆院採決へ 野党は猛反発 不信任案など連発で徹底抗戦(産経新聞)
アスベスト泉南訴訟 政府控訴断念も(産経新聞)
結婚詐欺容疑、41歳男逮捕=投資名目で3000万円―京都府警(時事通信)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-06-03 17:01
 インターネットを使った選挙運動の解禁を検討している与野党各党の代表者は21日午前、国会内で詰めの協議を行った。調整が残っていた衆院選比例代表単独の候補者の扱いについて、解禁の対象にすることで決着し、選挙期間中のホームページ(HP)やブログの更新解禁を柱とする公職選挙法改正案の内容で大筋合意した。
 今後、各党の党内手続きを経て改正案を最終決定。今国会で成立させ、夏の参院選からの適用を目指す。
 改正案は、候補者本人と政党・政治団体に限ってウェブサイトを利用した選挙運動を解禁する内容で、地方選も対象になる。成り済ましなどの不正行為に対しては、現行法の虚偽表示罪を適用する。
 ただ、ツイッター(簡易ブログ)に関しては、今後策定するガイドラインに基づき当面、使用を自粛。電子メールの解禁も見送る。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

傍聴者4870人、5割増=事業仕分け(時事通信)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」(毎日新聞)
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
【いきいき】NPO法人「ノーベル」代表理事・高亜希さん(産経新聞)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-05-27 14:27
 民間保険に加入するよう持ち掛け、東京都足立区の飲食店経営の男性(74)から保険満期払戻金約350万円をだまし取ったとして、警視庁千住署は14日までに、詐欺容疑で、元郵便局員松下直大(24)=千葉県野田市春日町=、郵便局員大黒英樹(35)=足立区足立=両容疑者を逮捕した。
 同署によると、いずれも容疑を認め、松下容疑者は「高級車を買った」と供述。同様の手口で同区の70代女性から約900万円を詐取した疑いもあるとみて調べている。 

【関連ニュース】
町村会元幹部2人に有罪=官官接待「許容できない」
琉球銀行元行員を再逮捕=さらに1億円詐欺容疑
共済会から4500万詐取か=電源開発子会社元幹部を逮捕
10億円着服容疑で逮捕=近鉄子会社の元社員
全日空商事元社員ら逮捕=架空取引で詐欺容疑

アラサー、2割が新卒就職せず=「氷河期」アラフォー比較でくっきり(時事通信)
ダイヤ鑑定 「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
熱中症で男児死亡、母親を逮捕=車内に放置しパチスロ―高知県警(時事通信)
<ヒラドツツジ>ピンクの海に浮かぶ天守閣−−長浜城(毎日新聞)
あおぞら元行員、インサイダーさらに2銘柄(読売新聞)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-05-18 18:40
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題ですきま風が吹く日米関係を尻目に、中国と韓国が日本の海洋権益を脅かす動きを続けている。鳩山由紀夫首相は在沖縄海兵隊の抑止力の重要性にようやく言及し始めたが、中韓は普天間問題での首相の沖縄訪問や日米協議のタイミングを見計らうかのように挑発行動を活発化。日本周辺には抑止力の空白を許さない現実がある。

 ≪「海兵隊は貴重」≫

 「北東アジア地域が完全に安全になったとは言いがたい。海兵隊は即応性、機動性が大変貴重であり、その意味で抑止力が存在している」

 首相は6日夜、海兵隊の抑止力をこう定義付けた。初めて沖縄入りした4日、「学べば学ぶにつけ(海兵隊で)抑止力を維持できていることが分かった」と発言した首相に、「首相の不勉強のおかげで多くのものが失われた」(石破茂自民党政調会長)など批判が強まっていることを意識したものだ。

 しかし、日本を取り巻く環境は、首相の「不勉強」を許してはくれない。

 沖縄訪問を翌日に控えた3日午後、中国国家海洋局の海洋調査船「海監51」が奄美大島北西沖約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で海上保安庁の測量船に接近して調査中止を迫った。

 「中国側は日米の動きを瀬踏みしつつ、日本近海で影響力拡大をねらっている。国家海洋局は海軍と緊密な関係にあり、3〜4月の挑発行動と一連の動きとして扱う必要がある」

 外務省幹部はこう強調した。中国海軍は3月18日、駆逐艦など6隻を東シナ海から太平洋に進出させた。4月には10隻の艦隊が沖縄本島と宮古島の間を通り、最終的に沖ノ鳥島近海まで達した。同艦隊は同月8日と21日、艦載ヘリが海上自衛隊護衛艦に危険な近接飛行を実施している。

 ≪タイミング≫

 8日はワシントンでの日米非公式首脳会談(4月12日)が行われる直前、21日は米国で日米外務・防衛担当の事務レベル協議が開かれる前々日というタイミング。海保に対する妨害活動が行われたのも、首相の沖縄入りと、防衛省での日米実務者協議の前日だ。

 韓国も同月15日、竹島周辺海域で地質調査の実施を発表するなど、実効支配の既成事実化を図っている。

 しかし、首相は同月12日の日中首脳会談で中国艦隊の動きに抗議しなかった。岡田克也外相は今月6日、中国海洋調査船の行動について駐日中国大使を呼び抗議したが、型通りの「抗議」にとどまることが多い。

 一方で、政府は海兵隊の機能の一部を沖縄県外に移す案を米側に提起しており、「日本のちぐはぐな対応が中国や韓国の活動に拍車をかけている」(防衛省筋)といえる。

【関連記事】
「余計な言葉」があふれ出ている
「県外は努力目標」 首相、責任軽減へ予防線
徳之島移転案 奄美群島利用の覚書を根拠に
普天間問題で生方氏「誰かが責任取るべきだ」
故鳩山一郎元首相の墓に黄色い塗料 東京・谷中霊園
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)
民主議員がグアム、テニアン視察へ(産経新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
普天間、首相迷走に苦言=「重さ自覚を」−渡部氏(時事通信)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-05-11 02:41
 高額な医療負担に悩み、自殺未遂で意識不明となり入院中だった当時40歳の長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職、和田京子被告(67)の裁判員裁判の判決公判が22日、東京地裁で開かれた。山口裕之裁判長は「精神的に追い込まれた中で犯行に至ったことは同情の余地がある」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 判決の言い渡し後、山口裁判長は「これは人を殺すことで事態を打開することを認める判決ではありません」と和田被告に説諭。さらに、「特にお孫さんたちには、あなたが許されたわけではないということを伝えてください。これが裁判員の思いです」と続けると、和田被告は涙ながらに「ありがとうございました」と深々と頭を下げた。

 山口裁判長は判決で、「(高額な医療費に保険が適用されないという)局面を乗り越えるために手段を尽くす余地はあった」と、犯行が短絡的であったと指摘。一方、「意識回復の可能性がほとんどないまま延命治療を受ける被害者を哀れに感じ、死ぬことを望んでいるのではないかと考えた経緯は理解できる」と、一定の同情を示した。

 判決後に会見した裁判員経験者の女性(55)は「自分だったらどうしただろうと考えたが、結論は出ない。裁判員の難しさを感じた」。また、男性会社員(34)は「痛ましい事件を減らすために、保険制度や医療制度の見直しが必要」と話した。

【関連記事】
自殺未遂で入院、高額な医療費… 長男刺殺の母
入院中の息子を刺す 無職の女を現行犯逮捕
介護保険制度めぐりシンポジウム 大阪
預金保険料率引き下げ、実は郵貯救済? 政策に矛盾
公約違反 「うばすて山」廃止先送り

<日米行政協定>米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」(毎日新聞)
成田で欧州便運航再開、寝泊まり外国人安堵(読売新聞)
舛添氏、午後に離党届提出へ=あす新党結成(時事通信)
<渡部恒三氏>「小沢君は絶対辞めない」名古屋の講演で(毎日新聞)
首相「腹案」に痛烈な「ノー」…徳之島(読売新聞)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-04-24 09:13
 医療器具販売の「コスモス」(東京都文京区・三沢芳太郎社長)が、先月31日付で東京地方裁判所から破産手続きの開始決定を受けていたことが、4月20日までに分かった。

 東京商工リサーチによると、「コスモス」は1965年に設立し、主に整形外科用の牽引機を取り扱っていた。97年12月期には年商約1億円を上げていたが、その後は大手との競争激化などから減収傾向が続き、2008年12月期には年商が約2200万円まで落ち込んでいた。昨年10月には実質的に事業を停止し、今回の破産手続きに至った。負債額は調査中。


【関連記事】
さいたまの双樹会に破産手続き開始決定
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁
歯科治療用機器販売会社が破産申請―東京
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁

伊丹空港旅客数、リニア開業後「半減」 関経連試算は兵庫と隔たり(産経新聞)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)
職場をカメラで監視=複数の執行官が関与−青森地裁(時事通信)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-04-21 17:11
 バンクーバー冬季五輪で8位入賞した女子カーリング「チーム青森」の近江谷杏菜選手が、青森市営バスの車内放送に声で登場。今年12月の東北新幹線新青森駅開業に向け、バス利用客に「おもてなしの心」をもつよう呼び掛けている。

【これは分かりやすい】図説 なるほドリが聞く「ストーンを動かしたらどうなるの?」

 7カ所の停留所付近を通ると、近江谷選手が録音した「笑顔とおもてなしの心で(乗客を)お迎えしましょう。合言葉は『一路青森』」の声が流れる。

 知名度が高く市職員でもある近江谷選手に、青森市が白羽の矢を立てた。五輪時は日本中を熱狂させた「チーム青森」だけに、観光客の誘致も期待できそうだ。【山本佳孝】

【関連ニュース】
【これは分かりやすい】図説 ブラシでスイープする意味…ルール完全解説
【五輪写真特集】チーム青森、バンクーバーの熱い戦いを振り返る
【総力特集】バンクーバー五輪:チーム青森の顔写真入りプロフィルと成績表
【動画でみる】チーム青森メンバー一同がバンクーバーの戦いを終えて語る
【もうすぐ新幹線青森開業】これは格好いいロングノーズだ…最速E5系の内外装をいろいろな角度から

技術協力へ連携強化=温暖化対策で中国高官と会談−環境相(時事通信)
少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
<桜植樹>南京に5年で千本達成 名古屋の民間グループ(毎日新聞)
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明−環境省(時事通信)
ネット選挙解禁で協議=各党(時事通信)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-04-19 20:23
 参院選での「一票の格差」の是正を検討している参院改革協議会の専門委員会は7日、平成25年の参院選に向け、定数見直しや選挙制度の抜本改革案をとりまとめる方針を決めた。来年中に新しい選挙制度のあり方などをとりまとめたうえで、公職選挙法改正案の提出をめざす。

【関連記事】
「一票の格差」訴訟で名古屋高裁は「違憲」判断
福岡高裁は「違憲」と判断 「一票の格差」訴訟
衆院「別枠」制定時点で違憲 一票の格差6例目福岡高裁判決
一票の格差「憲法上好ましい状態ではない」 東京高裁
福岡高裁那覇支部も「違憲状態」 昨年衆院選の「一票の格差」 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<皇室>愛子さま、学習院初等科3年に進級 始業式は欠席(毎日新聞)
10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
今年はバンダナで応援=福岡〔地域〕(時事通信)
普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に(産経新聞)
刃物3本31歳男、路上で大捕り物 警察官を切りつけ(産経新聞)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-04-12 20:02
 鳩山由紀夫首相は31日、政府の郵政改革案が「官の肥大化」を招くと指摘されていることについて「杞憂(きゆう)にすぎない。(ゆうちょ銀が)地域の金融機関と共存共栄できる状況を作り上げていくことは十分に可能だ」と反論した。首相官邸で記者団の質問に答えた。首相は「郵貯、簡保は10年間で100兆円ほど資金量が減り、大変厳しい状況だ。何らかの公的な役割を持たせた形にしたい」とも語った。

 また国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は同日、都内で記者団に、ゆうちょ銀の預入限度額引き上げに異論を唱えた仙谷由人国家戦略担当相について「(仙谷氏が推進した限度額引き下げは)5年前の話だ。民主党は180度変わった。仙谷氏は1周遅れ、2周遅れだ」と批判した。

【関連記事】
首相「郵政改革、閣内バラバラではない」
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」
日本郵政、10年度は減収減益計画 収益改善へ課題山積
郵貯資金で太陽光や電線地中化 亀井氏、“流用”で具体策 
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配
あれから、15年 地下鉄サリン事件

水俣病、2人を患者認定=新潟市(時事通信)
度重なる議事中断、緊張感漂った日医会長選 −ドキュメント(医療介護CBニュース)
普天間 「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相(毎日新聞)
<児童支援施設>外部監視を強化 虐待事件で厚労委(毎日新聞)
<東京・丸ノ内線>35分ストップ、朝の足4万人に影響(毎日新聞)
[PR]
by dfgxkgi4mw | 2010-04-07 19:22